肘関節の痛み

原因

(肘の内側の痛み)肘の痛みが良く起こるスポーツといえば、ゴルフ、テニス、野球が代表的ですね。ゴルフ肘 テニス肘 野球肘と名前が付くほどです。肘の痛みは大きく分けて外側、内側の二つに分かれます。画像の痛む場所は内側ですが原因は同じです。内側の痛みの場合、手のひら側のたくさんある筋肉がすべて一か所の内側上顆という上腕の骨の一部から始まっています。ですから手首をよく使う競技では、その内側上顆という骨に炎症が起きてしまいます。これが肘の内側の痛みの原因です。

症状

投球時の肘の痛み、テニスラケットをスイングした時の痛み、ゴルフクラブを振った際の痛みなど、各スポーツによって異なりますが、特に手首を強く使うと痛みが増幅します。ひどくなるとタオルを絞ったり、かばんを持つときなどにも痛みが起きてしまします。もっとひどくなると投球時に剥離骨折といって筋肉が骨を引きちぎってしますこともあります。あまり強い痛みの時は使わないことが大切です。

治療