肩の痛み

肩に起こる痛みの多くはピッチャー、バレーアタッカー、テニスなど主にスイング系のスポーツ(腕を振る)に多く見られます。原因の多くは酷使することにありますが、フォームの悪さなどにも影響を受けます。特に腱板といわれる棘上筋という筋肉の損傷が多いようです。

この棘上筋というのは、鎖骨と肩甲骨でできるトンネルをくぐり、腕の骨を吊り上げる作用があります。しかし、酷使したり、悪いフォームのまま投球を続けているうちに、鎖骨 肩甲骨と上腕の骨の間に挟まり棘上筋が傷つき、痛みを発するというものです。

処置としてはアイシング、一定期間ノースロー、炎症が治まり次第ストレッチやトレーニングなどを行います。当院ではエコーにより腱板の損傷度合いも確認します。

フォームに関しても肘が低い状態で投げると、骨の間で腱板が挟まるようになり、できるだけ肘を上げるように、またフォロースルーで小指が上を向くようにしてもらうと、腱板の負担は少なくなります。バレーボールで言うとストレートを打つ感じですね。治療と同様、指導者の方にフォームのチェックをしてもらうことも大切です。

あと、腱板とは関節を強く動かすというよりは固定するためのスタビライザー的役割をしています。腱板のトレーニングをすることで強い肩関節を作ることができます。当院ではそのトレーニングも行っています。