膝関節の障害・外傷

内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯損傷とは膝の内側にある靭帯の怪我です。この怪我が一番多いスポーツは何といってもスキーでしょう。サッカーやラグビーアメフトなどにも多いけがです。写真のように膝が内側に、つま先が外側に向いた状態を強制された際に起こります。(ニーイントーアウト)

いざの内側にある靭帯が強く伸ばされ、時には断裂してしまいます。受傷後はアイシングや、装具などで強く固定することです。この怪我で多いのは単独で靭帯をケガするだけでなく、前十字靭帯や内側半月板も同時にけがをすることが多いです。痛みが強く不安定感が強い場合は必ずご相談ください。当院の治療範囲を超えている場合は整形外科をご紹介いたします。


内側半月板損傷

膝関節には骨と骨の間にクッションの役目をする半月板という組織が内側と外側にあります。交通事故や強く膝を捻られた際に、この半月板が損傷することを言います。半月板の損傷が起こると、たいていの場合膝関節に水か血液が溜まります。半月板の損傷タイプはめくれたり、断裂したりさまざまです。場合によって手術が必要な場合もあります。当院ではエコー検査にて疑わしければ整形外科をご紹介しております。半月板が厄介なのは、ほぼ血流がないため、損傷やダメージを受けた場合、ほぼ回復しないのが特徴です。スポーツ選手をもっとも引退に追い込みやすいけがです。


前十字靭帯損傷

前十字靭帯はすねの骨が前方へ行くのを止める、また下腿部の外旋を止めるための靭帯です。好発するスポーツはやはりスキーでしょう。ほかにサッカー、アメアメフト、ラグビーなどコンタクトスポーツに多いのが特徴です。特に前十字靭帯は単独で損傷することが少なく、内側側副靭帯損傷や内側半月板と同時に損傷することが多いように思います。完全断裂すると、再建術という手術を行います。自分の体から靭帯を一部切り出し、前十字靭帯を再建するのです。前十字靭帯損傷のみで考えれば、半月板損傷に比べ比較的完治しやすいのが特徴です。しかし、しっかりとしたリハビリを行わなければ、完全に膝が曲がらくなったり曲げこむこともできなくなります。当院でもリハビリも行うことができます。