巻き爪補正

補正前

補正後



かじもと鍼灸接骨院 巻き爪 補正

巻き爪とは爪の両端が食い込み、痛みを出している状態のことをいいます。ほおっておくと炎症を伴い手術をされる方もいます。

 

当院では「BSスパンゲ」という形状記憶プラスティックを使い、スパンゲが元に戻ろうとする力を利用し、補正を行います。

通常、月一回の張替えで、3~6か月の期間を要します。

※出血や化膿をしている場合の施術は出来ません。皮膚科にて治療後の施術になります。


巻き爪の原因

・靴のサイズが合っていない

 (小さくても大きくてもX)

 

・歩行の際、親指を使っていない

 (浮き指)

 

・運動不足(指を使っていない)

 

・入院などによる長期臥床

 

・爪の切り方(短く切ってしまう)

 

 

以上の原因により巻き爪になってしまうといわれています。それ以外にも遺伝的な要因もあるようです。


巻き爪補正の手順

まず、足の状態や靴の状態を見て歩き方や靴のサイズなどのカウンセリングを行います。巻き爪になるには何らかの原因がありますのでその原因を探ります。

写真ではわかりづらいかもしれませんがこの方は靴の外側が減り、O脚のようですね

次に、爪を整えるためにネイルケアを行います。正しい爪の切り方や、甘皮の処理を行い、爪を開きやすい状態に持っていきます。

単にスパンゲを張ればいいというものではないんですね

この処理を怠ると、開きが極端に悪くなります。

その後、いよいよスパンゲの装着です。装着時の痛みはほとんどありません。一瞬押さえる時に痛みがある場合がありますが、数秒間だけです。スパンゲ装着後は、通常の生活を行って頂いて大丈夫です。見た目もほとんどわからないくらいの仕上がりになり、お風呂も、ペディキュアをしていただいても大丈夫です。

最後はアクリリックシーラーという、水が入らないようなコーティングをして完了です。爪がピカピカになり取ってもきれいに見えます。その後、一か月後の来店予約をしていただいて終了です。


ネイルケア

軽度の巻き爪ならネイルケアで調整することも可能です。

正しい爪切り法を行うことで、予防にもなります。

 

また高齢者の方で、自分で爪が切れない方や「痛くはないけど、爪が巻いていていやだ」という方にもおすすめです。


フットケア

かじもと鍼灸接骨院 ネイルケア

いつの間にかできてしまった、硬い角質、タコ、魚の目などのトラブル。ほっておくとどんどん悪化し、痛くなってくる・・・当院では、専用マシンで削り、滑らかな足に仕上げていきます。 また、歩行や靴の選び方などのアドバイスもさせていただきます

フットケア特設ページ

 


リフレクソロジー

フットバスにて足を温めた後、アロマオイルにて足裏~膝上までマッサージ

冷え性、むくみ、だるさなど女性の足の悩みを解決いたします。

完全個室・女性施術者による本物のリフレクソロジーです。 フットケア特設ページ


料金表


伊丹市 かじもと鍼灸接骨院のお問合せ

電話 072-787-7907