変形性膝関節症

変形性膝関節症とは高齢の、特に女性に多い症状です。

もともとO脚だったところに加齢による筋力低下や、ホルモンバランスによる骨粗鬆などが加わり、膝関節が変形していくものです。ほとんどの場合が膝が外側に変形し、内側の半月板や軟骨を削ってしまい、痛みを生じるものです。対策としては変形した関節を元に戻すことはできませんが、大腿部の筋力を上げ、O脚を矯正する治療を行うのが効果的です。

しかし、限界まで軟骨が削れてしまった場合、人工関節などの外科的処置が必要になります。そうなる前に治療を行い、手術が回避できるようにするべきでしょう。