椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

椎間板ヘルニアとは腰椎の間にある髄核というクッションの役目をする物質が腰椎よりはみだし、下肢へ通じる神経を圧迫している状態をいいます。その際、坐骨神経を圧迫し、痛みが出ている状態を坐骨神経痛といいます。

症状 腰部の痛みがあることは少なく主に臀部、大腿部、下腿部に持続的な痛み、しびれを誘発します。

この痛みが厄介で、じっとしていれば収まるものではなく、動いていようが寝ていようが常に痛むことが多いのが特徴です。ごくまれではありますが、ひどい場合は手術適応になることもあります。整形外科では、痛み止めのお薬や、牽引治療、温熱療法がおこなわれます。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因はたくさんあります。なかでも多いのは40代以降でおこる椎間板そのものの変性です。もともと椎間板は水分が多く腰椎の間でクッションの役目をしているのですが、加齢により水分量が減り、クッション性が悪くなってしまいます。そこに偏った姿勢や急激に重いものを持ち上げたりした際に、椎間板(髄核)が横へ飛び出してしまいます。その髄核が足へ向かう神経を圧迫し、痛みが起こります。また、OA作業や車の運転が多い方は、骨盤や腰椎の可動性が悪くなり、さらに多裂筋という腰椎を固定する筋力低下が起こるため同じように椎間板の変性が起こりやすくヘルニアの原因となりえます。

 

当院での治療

椎間板ヘルニアは髄核が神経を圧迫し、神経が異常興奮をし、痛みとしびれを神経上に引き起こすものです。当院では鍼灸治療により、鍼をヘルニアの根元と、神経上に近づけ、電気信号を送り異常興奮を取り去る治療を行います。一回の治療で軽減される方が多いですが、完治させるには3か月ほどの継続治療が必要となります。根本的に治すには、骨盤の可動域を広げる調整や脊椎の矯正が必要となります。なおかつ再発防止のための多裂筋トレーニングもおすすめしています・

 

基礎治療 2,000円 (初診時 +1,000円)


伊丹市 かじもと鍼灸接骨院お問合せ

電話 072-787-7907

伊丹市 かじもと鍼灸接骨院診療案内