腰痛

腰痛といっても原因は様々であり症状も様々です。ここでは3か月以上の持続的な腰の痛みを抱えている「慢性腰痛」のお話をしたいと思います。

慢性腰痛が起こる原因をあげますと①骨盤、背骨を支える筋力の低下によるもの②日常生活での不良姿勢から起こるもの③腰を酷使することによって起こるもの

が考えられます。

当院での治療法 

筋肉が原因している場合、当該筋肉をほぐします。また、姿勢性の場合、骨盤矯正や、姿勢矯正を行います。最深部の筋肉が原因している場合や、痛みの強い場合は鍼を使い疼痛を和らげていきます。筋力が低下していて、起こった痛みに関しては、当院独自のトレーニングを受けていただきます。

腰痛治療に大切な関節⇒「股関節」

当院では腰痛治療の際、最も大切にしている関節があります。それは「股関節」です。股関節の役割は両下肢からかかる衝撃や負担を骨盤の関節とともに和らげ、背骨や頭部へのダメージを最小限にとどめる役割があります。しかしながら、日々のデスクワークや運動不足により股関節の拘縮、ズレが発生し本来の衝撃緩衝の役割を果たせず、腰部背部などにストレスを加え、痛みが発生するというメカニズムです。当院では骨盤矯正の際にも必ず股関節の矯正も行います。

腰痛の方、まず自分で股関節の硬さをチェックしてみてください!

 ⇒当院の骨盤、股関節矯正を是非お試しください!

当院での治療

急性の場合はアイシングと鍼灸治療(鍼が苦手な方は行いません)で炎症をひかせることを第一の目的として行います。約3日で炎症が引くと同時に、今度は筋肉の拘縮(硬さ)が増してきます。この時点でマッサージや、ストレッチ、股関節・骨盤矯正を行います。慢性でない場合は、初回からマッサージ、ストレッチ、股関節・骨盤矯正を行います。安定期に入れば、再発防止のために多裂筋トレーニングを行います。

 

基礎治療2,000円(初診時+1,000円)


伊丹市 かじもと鍼灸接骨院お問合せ

電話 072-787-7907

伊丹市 かじもと鍼灸接骨院診療案内